霊園に関するよくある質問

Q 私には跡継ぎがいないのですが、お墓を建てることはできないのですか?
A 後継者がいない場合でも、初めから永代供養や法要を寺院や霊園が行う事を約束して販売する永代供養墓もありますが、必ずしも後継者がいなくても購入できる霊園もあります。

Q 管理料とはなんですか?何に使われるのですか?
A  管理料とは、墓所管理者が墓地内の水道や通路などの共用設備の管理、共用部分の清掃等に要する費用のことです。
契約約款や使用規則に記載されており、使用者は支払いを義務付けられています。

Q ニューデザイン墓とはなんですか?私のお墓もニューデザイン墓にできますか?
A 従来の「○○家之墓」といった家名や「先祖代々之墓」といった文字を刻んだ伝統的な和型の墓ではなく「愛」「静」「ありがとう」など自由な文字を刻んだり、機関車や将棋の駒の形をしたお墓など個人の自由意志で作られるお墓の事です。
このようなお墓を建てたい場合、霊園やお寺によって建てられるお墓の形や高さなどに制限がある場合が多いので事前に確認しておく必要があります。

Q 生前にお墓を建てることができると聞きました。どのような利点があるのですか?
A 生前にお墓を建てる事を寿陵、寿墓といいます。
生前にお墓を建てる利点は、いざというときに「お墓がない!」と遺族が困ることがないこと、自分の子供達に迷惑をかけるということがないこと、税制上の利点でお墓は相続財産に含まれないため課税されないという利点があります。

Q 仏教以外の宗教の信者です。お墓を建てるには信仰している宗教を変えなければなりませんか?
A 一般霊園や公営霊園など「宗旨宗派自由」を謳っている場合には問題ありませんが、境内墓地の場合、そのお寺が属している宗旨宗派への改宗が求められる場合が多いようです。

Q 嫁ぎ先の家族のお墓には入りたくありません。夫婦だけのお墓を建てられますか?
A 子供がいない夫婦のためのお墓として「夫婦墓」という永代供養墓がありますし、「家の墓」とは別に「夫婦墓」を求めることもできます。

Q 指定石材業者とは何ですか?自分の好きな石材店を選んでお墓を建てたいのですが?
A 寺や霊園がお墓(の永代使用権)を販売する際に、お寺や霊園などの墓所管理者に指定され、建墓にあたる石材店のことです。問題を起こさない業者なのかを事前にチェックし、責任を持った施工ができる業者だけが取扱業者に指定されます。指定石材業者以外のほかの石材店による建墓を認めていないお寺や霊園もあるので、確認しましょう。

Q お墓を建てるにはどんな費用がかかるのか教えてほしいのですが?
A 新しくお墓を建てる場合には、墓地使用料・管理料・墓石代と工事費がかかることが多いようです。また寺院墓地の場合には、入檀料やお布施などが必要になる場合があります。

Q お墓を買うと、新たに購入した土地に税金が課税されるのですか?
A お墓を買うのは「お墓を永代に亘って使用する権利」を得るということであり実際に土地を買うわけではないので課税されるということはありません。

Q 父が急に亡くなったので遺骨を納めるお墓がありません。どうしたらよいですか?
A お墓を決めるまでの間、一時的に納骨堂を利用して、いずれお墓に改葬する方法があります。
ちなみに、火葬し供養も行っている遺骨をお墓や納骨堂に納めずに、自宅で保管することは違法ではありません。

Q 自分の家・土地にお墓を建てられますか?
A 記念碑という形であれば可能ですが、納骨はできません。

Q ペットもいっしょのお墓に入れますか?
A 霊園やお寺によって許可している場合は可能です。事前に確認しましょう。ほとんどが人間とペットとは分離しています。

Copyright(c) 2014 Reien service .Inc All Rights Reserved.